小金持ち父さん超貧乏父さん(仮)

~超貧乏父さん最短最速で一攫千金への道~

人が嫌がる所にビジネスチャンスはある

「オヤジになったらバイクでツーリングしたいよな」

「もうあなたオヤジだよ」

 

お疲れ様です。

気付けばオヤジらしいKuokoa(クオコア)です。

 

 

今回は、人が嫌がる所にビジネスチャンスはある!

嫌いなポイントは人それぞれですが

 

ビジネスで基本となる集客する部分に焦点を当ててお話すると

経営者の顔や生い立ち、電話番号、メール、Facebooktwitterはもちろん

自社の施工価格など全て相手に伝えた方が効果的です。

 

私は出たがりですが人見知りで完璧主義なので

上記に書いた事は、全て嫌いです。

 

友人が聞いたら大笑いです…きっと

 

私がホームページで集客出来た背景には

上記の嫌いな事を全て行ったからだと思います。

 

そして徹底したのは職人全ての顔写真とメッセージ

施工したお客様の顔写真とメッセージ

今では当たり前ですが当時は誰もやっていませんでした。

 

施工価格など表示するのはもってのほかで職人や

同業者からは随分ヒンシュクを買いました。

 

 

残念ながら当時作成していたホームページはないので

手元に残っている広告で具体的にお話をしたいと思います。

 

ネットビジネスでもリアルビジネスでも本質は同じで

今後も変わらない基本的な事なのでぜひあなたも参考にして下さい。

 

 

f:id:kuokoa:20160725182714j:plain

 

 

 モザイクで一部見にくいかも知れませんが

一番重要なのは「タイトル」

 

広告は、まず手に取られるまでが勝負!

殆どが手に取られる前に捨てられますから…

サイトも同じでまずは目を引くタイトルが重要

 

最初にお伝えしますが、

住宅の外回り(庭など)のデザイン施工している会社の広告となります。

 

最初、広告代理店の方が作って頂いたタイトルは

・「水上コテージのように心満たす癒しの空間」

 

 

「何屋か分かりません、却下」

 

次は

・「住宅と住まいに調和する癒しの庭作り」

 

 

「近づいて来ましたが分かりにくい、却下」

 

そして最終的には私が作る事になるのですが

・「あなたの庭に、癒しの空間を作りませんか?」

 こだわりのエクステリアでワンランク上の暮らしを

 

最初の「水上コテージのように心満たす癒しの空間」でしたら

何をする会社か分からなかったと思います。

 

読んで字の如く、私のデザインコンセプトは

リゾートの様な癒しの空間を庭を通して提供したかったので

そのままの気持ちを文字にしました。

 

二番目に大切なのは手に取った後のアクションを想像して下さい。

 

まずは、

・何処に連絡すればいいのか

・もっとこの会社の事を知りたい

・施工例など具体的な作品を見たい

 

サイトで言うところのメールマガジン

Facebooktwitterなどにあたります。

 

気持ちが高ぶっているお客さんに

サイトアドレスだけで会社の電話番号が載っていない、

何処に連絡先があるか分からない

それでは、すぐにゴミ箱行き、サイトを閉じられてしまいます。

 

連絡先は分かり易い所に表示しましょう!

 

広告の場合文字制限などの問題で全ての連絡先を明記する事は出来ませんが

広告を見ただけで契約に繋がるお客さんは居ないと思います。

 

まず、サイトで色々検索しますよね?

そして興味があれば、サイトにあるメール問い合わせから連絡があると思います。

 

逆にそうなる様に仕組みを作っていたのですが

一番目立つところにあえて電話番号でなくサイトアドレスを載せました。

 

 

全てがマッチングして初めて結果が出ると思うのですが

タイトル、連絡先以外に

 

経営者の顔、プロフィール、会社コンセプト、

仕事に対する思いなどを入れるとより効果的になります。

 

この広告は配布されたその日に問い合わせがあり

その後契約し施工となりました。

10年近く経った今でもリピート工事をしています。

(この場を借りてIさんありがとうございます。)

 

ちなみに最終連絡はサイトからでなく電話からでした…

あなたのサイトや営業にも色々応用出来ると思いますので

集客に悩んでいる方は参考にして下さい。